「ニャンズ達」本館

保健所、警察からの保護、野良ちゃんが生んだ仔の里親募集をしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 「ジュルのしっぽ」hanaさんのツイートです。

  「ジュルのしっぽ」hanaさんのツイートです。




【演説ツイート①】動物が好きな方、そして、動物のことですが、日本の問題なので、できればみなさんに聞いてもらいたいことがあります。国会で5年に1度の動物愛護法改正が実施されます。その中に、将来の日本の動物たちのあり方を決定づける重要な規制のひとつ、『8週齢規制』が含まれています。

【演説ツイート②】欧米で殺処分が少なく、ペットショップで犬猫が売られていないのは、この『8週齢規制』のおかげです。幼すぎて親から引き離されて起こる問題行動をなくすことで飼育放棄される犬や猫が激減。また、8週齢まで育てるのは大変なので儲からず、ペットショップが売るのをやめたのです。(続きを見る)

【演説ツイート③】それだけではありません。かわいい犬や猫がいなくなったペットショップには客が来なくなりました。そこで、ペットショップは客寄せのために殺処分される施設の犬や猫を集め、店で譲渡活動をはじめたのです。それが、殺処分を激減させた社会のしくみなのです。(続きを見る)

【演説ツイート④】日本でも5年前に『8週齢規制』がもう少しで実現するところでした。新聞でも報じられ、関係者はみな確信していたのです。しかし政治のしがらみが絡み、突然、覆されました。その反省があったので、今回は議員立法ではなく、省庁が法律をつくる内閣立法のはずでした。(続きを見る)

【演説ツイート⑤】ところが、ペット業界と熱心な動物愛護団体の間に挟まれた環境省はひきょうなことに、責任逃れのために、議員で決めてくれと、途中で投げ出したのです。そしてまた今回も、同じことが行われようとしています。(続きを見る)


【演説ツイート⑥】過去に連立与党だった自民・公明は、民主党に反対して手柄をたてさせないためだけに、犬や猫を守るための『8週齢規制』を潰す気でいます。わたし達の生活、家族、動物達のことよりも、党利党略を最優先する。それが「政治」だというのなら、そんな政治家も政党も、もういりません。(続きを見る)

【演説ツイート⑦】覚悟はしていました。でも、いざ直面させられて、言葉を失いました。どんな正しいことも、どんな客観的根拠を並べようと、どんなに語りかけても聞いてもらえません。語りかけるわたし達に、「そんなことしても無駄」「笑ってしまいます」と言い放つ国会議員が、本当にいるのです。 (続きを見る)

【演説ツイート⑧】原発でもそうです。国会議員に、国に、これだけナメられて、これだけバカにされ、これだけコケにされて、もう、わたしは絶対に許せません。でも、わたしはただの主婦だし、夫婦ふたりじゃ、なにもできません。なんのチカラもないけれど、でも、もうこんな世の中じゃイヤなんです。(続きを見る)

【演説ツイート⑨】そこで、こんなわたしにでも、できることをしています。 http://goo.gl/sSpki これは政治活動などではありません。政党なんて関係ないんです。わたし達が求めているのは、「党利党略より、わたし達の意思を尊重してほしい」、ただそれだけなんです。(続きを見る)

【演説ツイート⑩】「わたしもこんな世の中はイヤ」と思っている方。チカラを貸してください。チラばったチカラでも、ひとつに引き寄せれば強大な力になるはずです。よろしくお願いします。図々しくツイートをたくさん占領してしまって、申し訳ありませんでした。(おわり)(続きを見る)




ブログランキングに参加しております

この仔達の幸せの為にポチット宜しくお願いします





スポンサーサイト

| 保護活動 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://furufuru3014.blog110.fc2.com/tb.php/732-973a2916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。